よくあるご質問
むし歯、歯周病について

最近、虫歯が痛み、歯医者さんで奥歯の神経を取ってもらったのですが、麻酔が切れた後、どんどん歯が痛みだしてきました。
神経を取ったはずなのにどうしてですか?その歯だけが痛いのではなく、右側の歯茎とか他の歯とか、ひどい時は耳までへんな感じがします。
そのうち治っててきます、と言われたのですが…。本当に痛くなくなるのでしょうか?

以上のお話から考えられることは
1. 神経の取り残し。
2. 神経を取った歯の噛み合わせが悪いため、歯に負担がかかっている。
3. 神経の炎症がひどかったために、歯の周りの組織まで炎症が波及している。
4. 炎症が急性期であるため歯の中に入れた消毒薬が効かない。膿の量が多いため、周囲の組織が圧迫されている。この場合、腫れが出て、リンパ腺、顎の下や耳の後ろを押さえると痛くなります。
神経の取り残しがなく、腫れがないのでしたら、2. の可能性が一番高いと思います。神経を取った跡の蓋が高くなっているケースも十分あり得ると思います。この場合は、当たらないように歯を少し低くしてもらいましょう。あっという間に痛みが収まります。
3. と4. の場合は根の先までしっかり開けてもらい、歯に蓋をしないで膿を外に出し、抗生物質と鎮痛剤で対処します。どうかお大事にして下さい。

家内は、冷たい水を飲んだりするとかなりしみるようです。素人目に見たところ、歯の根っこが削れているくらいで虫歯のようなものは見当たりません。どうしてでしょうか?

虫歯ではないのであれば、恐らく知覚過敏になっていると思われます。
知覚過敏は歯肉が下がり、歯の根っこが露出している人によく見られます。つまり、歯の神経につながる象牙細管が露出した場合に起こります。
知覚過敏の処置は、軽度から中等度のものであれば薬品を塗る、レーザー(象牙細管の入り口を効果的に封鎖できるため)を使う、薬品とレーザーを併用する、歯の表面をコーティングする等の方法があります。しかし、症状がひどい場合は、神経を取り除かなければならないケースもあります。

私は小さい頃から歯が弱く、最近も前に治療した歯の根が炎症を起こして腫れてしまいました。
根の治療をした歯や、かぶせた歯は、また虫歯になったり腫れたりする事が多いのですか?
全部神経が取りきれていないのでしょうか?

こういうケースは結構あります。特に神経を取った歯の場合、根の先まで薬が詰まっていても、神経の脇にひげのような神経(側枝) があり、そこまで薬を完璧に詰めるのは不可能です。
ですから、腫れる確率は少なくなりますが、100%根の先に膿がたまらないということはありません。
虫歯が神経近くまであった場合、神経を生かし、かぶせても、後で神経が死んでしまう場合があります。神経が外からの刺激に負けて死んでしまうのです。こういった場合も後から膿がたまってきます。がんばって治療してください。

頬から時折、膿のようなものが出てきます。数日前より熱っぽく、また歯ぐきがブヨブヨして赤く腫れており、ズキンズキンと痛みます。明日、病院で診てもらおうと思いますが、何が原因ですか?

当医院で診察をしたところ、外歯瘻であるということがわかりました。これは、歯の根が腐敗し、ふつうは歯ぐきから膿が出てくるのですが、今回は顏の表面に出てきたケースでした。
一般的な治療法としては、誘因歯を抜去するか、または病巣部を除去し、瘻孔部を掻爬(そうは)することにより治癒に導くことが出来ます。
このような外歯瘻が治癒した後、瘻孔部が皮膚面より陥凹したり、強く瘢痕化して醜くなる場合があります。その場合、形成外科などで、きれいにしてもらいましょう。
今回の症例は稀なケースですが、「おかしいな?」と感じたら、ひどくなるまえに歯医者さんで診てもらうようにしましょう。


ホーム | 医院案内 | 診療案内 | よくあるご質問 | アクセス | お問い合わせ | プライバシーポリシー