よくあるご質問
お子様の歯について

現在7歳半の男の子です。上の真ん中の歯と歯の間が開いています。自然に治りますか?

上の歯と歯の間があく原因は色々あります。鉛筆を挟む癖、歯と歯の間に余分な歯(過剰歯)がある、上の門歯の間の歯ぐきのひだ(上唇小帯) が厚い、などが主な原因です。
癖の場合はすぐにやめて、しばらく様子を見ましょう。余分な歯(過剰歯)の場合は抜いてもらいましょう。
ただし、門歯の生え始めは左右に開いた状態で生えてきます。だんだんと寄ってくるのが普通です。
いずれの場合も処置のあと、寄ってくる様子がなければ矯正治療が必要でしょう。

下の子には虫歯は無いのですが、長女は虫歯を作ってしまいました。
乳歯が永久歯に生え変わっても、虫歯は多くなってしまいますか?

お子さん達は同じような食生活をしているはずですから、ひとりだけ甘い物をだらだら食べている、あめ玉をしゃぶってばかりいる、歯磨きをしない、ということはないと思います。
初めてのお孫さんということで、祖父祖母に可愛がられ、沢山おやつを与えられて虫歯を作る、ということは非常に多いです。
乳歯で虫歯が多いから、永久歯も虫歯が多くなるとは限りません。
6歳頃に第一大臼歯(前から数えて6番目の歯)が生えてきますが、最初に虫歯になるのはこの歯です。
最初に生えてくるということもありますが、一番奥で、お子さんに任せた歯磨きではブラシが届きにくい、生え始めは歯ぐき(歯肉) がかぶっていて歯ぐきと歯の間に汚れがたまりやすい、唾液中のカルシウムにあまりさらされていないため歯質が幼弱である、歯の溝が複雑で汚れが残りやすい、などの理由によります。
よって、この歯が生えてくる頃は、特に念入りには磨きチェックが必要です。
一度、歯医者さんで歯磨きの指導をしてもらうとよいと思います。

乳歯の神経を取ってしまっても、永久歯には影響ありませんか?

影響ありません。乳歯と永久歯はそれぞれ独立していますから(神経はつながっていません) 乳歯の神経を取ったからといって、永久歯の神経が死んでしまう、永久歯の神経が影響を受ける、ということはありません。
逆に、神経が病気のまま放置しておくと、そのすぐ下に出来つつある永久歯が影響をうけて変形・変色するということがあります。
乳歯だから、後から永久歯が生えてくるから、といって病気の歯をそのままにしておくのは良くありません。
生え替わる歯でも、早めの治療をおすすめします。

8歳の長男がグラグラしている乳歯を抜いてもらいました。ひと月経っても、永久歯が生えてこず、レントゲンを撮ってもらうと、もうすぐ生えてくるとの事でした。また、この時期はそんなに慌てることはないと言われました。
でも、さらにひと月たった今も、まだ生えてきません。義母は「歯茎に少し傷をつけてもらった方がいい」と言います。私はもう少し待ってみようかと思っていたのですが、心配です。
歯の場所は、上の真ん中の4本の中の一番右の歯です。

反対側の歯は生えてきていますか?歯が生えるだけの隙間はありますか?
確かに歯ぐきを切ってもらえば、多少生えやすくなる可能性はありますが、2番目の歯が生える時期は平均値で男の子は9歳、女の子は8歳半です。
ですから、歯の生える隙間がない、というようなことがなければ、主治医の先生がいわれるように、もうすぐ生えてくるでしょう。また、慌てることもないと思います。

5歳、3歳、2歳の娘がいます。長女と三女の乳歯は、一本一本大きくて幅もあり、歯並びもきれいですが、次女の歯は幅もなく細い歯で長さも歯茎から半分ぐらいの長さしかありません。
永久歯に生え替わるときもまた、同じような歯になってしまうのでしょうか。

奥さんか、ご主人かどちらかの家族に歯の小さい方はみえませんか?。
長女と三女の歯並びは“きれい”とのことですが、乳歯で隙間なくぴったり生えているのは、より大きな永久歯が生えてくるときに生えるだけの隙間がなくて、歯並びが悪くなる…、ことにもなりかねますから、実際見てみないことには、どちらのお子さんが“よい生え具合” かはわかりません。
隙間のない場合は、顎の発育が悪いためで、現代人は噛みごたえのない加工食品ばかり食べているからだといわれています。噛みごたえのあるものをよく噛んで、顎に刺激を与えると良いようです。
「早く食べなさい!!」なんて急かすのは、よくないようです。

10歳の子供が前歯2 本とも半分折ってしまいました。近所の歯医者さんで、接着剤で付けてもらったのですが、見た目が悪く、いつまで持つかわからないそうです。何とか元通りになりませんか?

大変お気の毒です。見た目が悪い、いつまでもつかわからない ということであれば作り物の歯をかぶせるということになるかと思います。
しかし、まだ10歳ですから、今かぶせても高校生くらいになったら、再度かぶせ直さなくてはならなくなるでしょう。
なぜかといいますと、10歳ではまだ歯が十分生えきっておらず、顎も成長するため、歯ぐきの位置が変わり、かぶせた歯の境目がみえてきてしまい、見た目が悪くなってきます。
ですから、お子さんの体が成長し終わるまで(18歳頃) 待ってから、かぶせる方が良いと思います。
折れ方が少なければ、ラミネートベニア(セラミックのシェルを張り付ける) という方法も良いと思います。


ホーム | 医院案内 | 診療案内 | よくあるご質問 | アクセス | お問い合わせ | プライバシーポリシー